マセラティ:レヴァンテFトリブートがデビュウ

ギブリFトリブートの発表と同時に、レヴァンテにもFトリブートが発表されました。

このカラーは、かつてファンジオが駆った250Fの濃いロッソをイメージしています。ロッソトリブートというネーミングで、250Fのフロントノーズはイエローの縁取りがされ、レヴァンテFトリブートにもイエローのブレーキキャリパーと21インチのアルミホイールのリムはイエローに縁取りされ、かつてF1グランプリで活躍した250Fのイメージを彷彿しています。

内装はブラックのピエノフィオーリのレザーに、赤いステッチを組み合わせています。リアピラーにあるトライデントのロゴは、ボディと同色となり、ひと際ロッソトリブートを強調しています。

ギブリとレヴァンテのFトリブートエデッツィオーネスペチアーレは、345台が生産される予定です。エンジンはギブリSとレヴァンテSに搭載されているV6・3Lのツインターボエンジンは、430馬力を誇ります。
今のところこのモデルの日本導入については、定かにされていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください