ランチア:市場はイタリア国内にとどまらず

現在、ランチアはイプシロンをイタリア国内のみの販売ですが、数年先を見据えて再びランチアモデルの海外展開があるかもしれません。

それは、ランチアCEOのルカ・ナポリターノ氏の意向は、イプシロンの他にニューモデルを追加する意向があります。イプシロンは現在そのオーナーの65%が女性であるが、もう少し年齢層が高く、男性にもニーズがあるモデルを開発することが、ランチアが再びイタリア国内に留まらず海外進出に向けてのキーだと述べています。そしてその販売網はショールームに依存することなく、オンラインによる革新的な販売プロセスを構築したい意向であると、トリノの日刊紙 「ラスタンパ」で示唆しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください