マセラティ:マセラティクラシケサービスがキックオフ

12月14日はマセラティにとって特別な日だ。1914年にこの日から会社の実稼働を開始したのである。またビトゥルボをはじめとする一連のシリーズは、12月14日にモデナのチーロメノッティの本社でデビュウしているのだ。そして今年の12月14日は、マセラティクラシケのスタートの日となった。

このプロジェクトは昨年のモデナで開催されたMC20デビュウのデビュウイベント「Time to be Audacious」で発表されたもので、ついにキックオフとなったわけだ。マセラティクラシケについてはこちらにも詳しく書いてありますので、ご覧ください。

マセラティクラシケはマセラティの価値を高め、歴史を守るために発足しました

今回のこのプロジェクトによる最初のマセラティはミストラル3700でした。

この情報によると、来年以降の次のステップでは、クラシックパーツを当時とそん色なく復元して再生産のプランもあるようだ。そうなると、日本ではビトゥルボファンにとっては、今や世界中探しても在庫が無いパーツが復元されるとなると泣いて喜ぶことになるかもしれない。勿論、筆者のスパイダー90anniも実は在庫が無いパーツも出始めているので、期待したいところだ。このマセラティクラシケのサービスは、クラシック、セミクラシック、スペチアーレのカテゴリーのマセラティだけとなっている。詳細はここにも掲載されているので、自分のマセラティが該当するか、大方推測できる。2023年までの事業計画と新たなプログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください