アルファロメオ :復活するのかスポーツカー

アルファロメオ は先日コンパクトSUVトナーレを発表しましたが、本命はやはりクーペを出すことにあるようです。

これはアルファロメオ CEOのジャン・フィリペインパラートが、数年以内にスポーツカーを出すことが可能な状況だと示唆している。その候補として33ストラダーレとデュエットスパイダーのネーミングを冠した限定モデルだという。

デュエットスパイダーは1966年にでデビュウーして、4回のモデルチェンジを経て28年間続いたアルファロメオ の中でも長寿モデルを誇るスポーツカーだ。
また、33ストラダーレはご存知の通り1960年代に製作された希少なミッドシップスポーツで18台しか製造されなかったスポーツカーだ。

CEOのインパラート氏は、2027年までアルファロメオを全てのラインナップを完全電動化したとしても、スポーツカーを出したい意向があるようだ。その一つにGTVの復活もあり得るとインパラート氏は示唆しており、こちらは完全EVモデルとされます。やはりアルファロメオもスポーツカーへの情熱的な血が騒いでいるのは間違いないようです。
引き続きアルファロメオのスポーツカーの動向をフォローしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください