マセラティは次期コンパクトSUV(レヴァンテより小さい)に自動運転支援システムを授けるかも。

ClubAlfaによれば、数日前にセルジオ・マルキオンネは、ナンバーを付けたコンパクトSUVは前倒しで、デビュウすると告知した。

FCAグループのトップであるマルキオンネ氏は、マセラティのコンパクトSUVは基本的にアルファロメオのステルビオのシャーシユニットと同じで機能になるだろうと。また、おそらく来年以降に自動車分野に相当な改良を定めた精通により、自動支援支援システムの新技術を享受されるだろうと・・。ポルシェマカンのようなライバルになるクルマになるだろう。カイエンやマカンの初めて優れた成功例を得たドイツ自動車業界と同じように実現したいのだ。そのコンパクトSUVは名前は定かでないが、年間販売台数を70.000台を超えるようにと目論んでいる。マルキオンネは去年に絶対達成しなければならない、最小の計画を明らかにしている。EVヴァージョンも売り出すと結論します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)