FCAはレストア事業を始める

Intervestireoggiによれば FCAグループはレトロモビル2018において、レストア事業を始めることを発表するそうだ。

これはFCAが自社製の過去のクラシックな車両のみをレストアするサービスである。このプログラムは「リローテッド・バイ・クリエイター」という名前で、レストアする車種は以下のモデルが対象だ。

これらの車両はFCAにとって歴史的な重要なコレクションであり、選ばれた車両としてレストアしたり販売するのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)