マセラティもF1復帰か(その4)

マルキオンネ氏はマセラティのF1復帰についてどのように考えているか?ClubAlfaに掲載されている。

 

ジュネーヴショーの記者会見でマルキオンネ氏は、F1に戻る交渉を現時点で存在する可能性があると述べた。ハースとのコラボの実現は起こりうるが、マセラティが全く同じことをする必要があるかどうか、アルファロメオの成果を最初に評価したいという考えだ。つまり、来シーズンより前にF1界に復帰の可能性もあり得ると示唆している。もしアルファロメオ(ビオッシオーネ)の今年中に良い成績が達成した暁には、マセラティ復活もますます具体性を帯びてくるだろうと述べている。

そうすると、フェラーリ・マセラティ・アルファロメオと最も有名なブランドが同じF1界に揃うことになる。同時にマルキオンネ氏は、大方の意見ではミラノの自動車メーカーによるエンジン計画をザウバーに供給するよう求めたことを述べている。このような動性の中で、重要な投資の必要な動きであると回答している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)