ガンディーニに捧げる天才の展覧会

Ruoteclassicheに、ガンディーニの展覧会のアナウンスが掲載されている。それによると トリノ自動車博物館では、来年1月24日から5月26日まで、「マルチェッロ・ガンディーニ、秘められた天才」が催されるという。

トリノ自動車博物館の1階フロアで、もっとも有名な自動車デザイナーの一人でもあるガンディーニへ捧げる展覧会である。2016年から2018年に渡って、臨時的に開催されたジョルジェット・ジウジアーロやレオナルド・フィオラヴァンテなどに続いて辿って催されることになる。

マルチェッロ・ガンディーニついてスポットライトを当てるもので、80歳のガンディーニは幼少の頃から機械に魅了された。少年時代に自動車製造を始め、ヒルクライム用に自動車を改造などをしていた。1966年から1980年には、ベルトーネでチーフデザイナーを任され、そこでいくつかのプロトタイプモデルや時代を最も象徴したモデルを実現させた。それが、アルファロメオ33カラーボ、ストラトスゼロ、ミウラ、カウンタック、シトロエンBXなどだ。

ガンディーニの長いキャリアには、大きな様々なプロジェクトや特許など今だに秘密のベールに包まれているのだ。応用機械、工業生産の分野において経験を積んだ中で、常に自動車製品の革新的な製法についての提案に関心を向けている。

展覧会では、彼の創案したもっとも象徴的な自動車車体やデザインスケッチ、未発表作品などが展覧されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です