フィアット:500eほぼスタンバイしている

フィアット500のEVヴァージョンは1年以内に製造開始される。販売ディーラーリストも準備OKとなっている。

ミラフィオーリ工場で生産される500eはイタリアで初めて販売される完全EVモデルで、来年の2020年のジュネーヴショーでデビュウする。新しい500eを製作にあたり部品の70%は中小企業との取引によるものとするという。当初はLGエレクトロニクスやサムスンのようなこの分野の大手企業から電気技術の大部分は購入する。

しかし第二行程は、 500eの主要部品の供給は トリノの下請け関連企業を用いることになる。イタリアの企業も電気自動車の製造へ対応の準備をしなければならないとしている。またマニエッティ・マレッリも基本部品の生産において役割を求められている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください