ランボルギーニ:2021年までのニューモデルの予定、ハイブリッドも…

ランボルギーニには、来るべき10年先までに多くの熱情があるという。親会社アウディは毎年1万台の販売を期待している。現状では、年間販売台数は5,000台だ。トレンドに乗るためにも新技術に適合する必要があり、ハイブリッドシステムも付与されるだろう。

現行モデルから始めるにあたって、最初のニュースは2020年にウルスのハイブリッドヴァージョンの登場が予定されている。ポルシェ・パナメーラ・ハイブリッドに搭載されている充電式ハイブリッドエンジンをウルスに搭載してハイパワーヴァージョンとするのである。いくらかパワーはパナメーラ以上にあれば良いのだが。このツッフェンハウゼン製の2+2スポーツユニットは、4Lツインターボエンジンに130馬力の電気ユニットを組み合わせ、550馬力を680馬力にしている。ウルスには、このエンジンを600馬力のガソリンエンジンにして、同様に電気ユニット130馬力を加えて、少なくても730馬力は出せるだろうという。性能は最高速310km、0-100kmの加速は3,5秒が可能という。価格は25万€(3、150万円)が目安だ。

2021年までには、新世代アヴェンタドールが期待されている。スーパーカーも実際にはハイブリッドヴァージョンの提案もあるだろうという。(絶対ではないが…)記事として動画を入手したので、ご確認下さい。ニューアヴェンタドールの未来的なヴァージョンが提案されています。

モデナ産スーパーカーの独特のサウンドに迷いはありません。V型12気筒エンジンは捨てることは出来ません。電気ユニットを追加して1000馬力ぐらいにすることは可能だという。

Ⅴ10エンジンは、排ガス削減と燃費向上に向けて、バッテリーユニットを付加されるという。性能は750~800馬力に達することが可能。こちらもビデオがウラカン2022ヴァージョンとして紹介されている。

数年の間に、ランボルギーニは革新的なニューモデルをデビューさせようとしている。それは 4ドアスポーツクーペになるかもしれない。クルマは2+2シーターで、 全長は5メートルを少し上回り、 2008年に発表されたプロトタイプ・エストークをベースしたもである可能性がある。このモデルは2025年までには出てくる可能性があり、確実に充電式ハイブリッドエンジンが搭載され、エンジンはⅤ12とⅤ10がリストされている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です