アルファロメオ:次期ジュリエッタの想像図

ジュリエッタの2019年モデルの登場で、デビュウから10年の履歴となりました。トナーレ登場まで少なくても1年は待たなくてはなりませんが、次期ジュリエッタについては、トナーレのコンポーネンツを利用するに短期間で実現はしないと考えられる。

一方で、アルファロメオブランドは世界中のアルフィスティやデザイナーの注目を集め続けており、最近では現状維持の傾向ではあるがブランドの価値は確かなものとなっている。つい最近、LP DESIGN によりインターネット上に、新世代ジュリエッタのレンダリング画像が新たに提案された。次期ジュリエッタの登場については、来年デビュウされるであろうSUVトナーレを待つ必要がある。さらにコンパクトなB-SUVのデビュウの可能性は、Mitoの後継モデルとされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です