SUV対決フェラーリとランボルギーニ、さらに証券市場でも??

フェラーリとランボルギーニは、上場で対決するかもしれないと、金融情報サービス会社のブルームバーグでコメントしている。これはランボルギーニ・ウルスの飛躍的な販売増により、株式上場することが可能であるという。

フェラーリ・プロサングエは非常に期待されデビューが近づいているのであるが、同社としてFUV(フェラーリではSUVという言葉は使わない)を初めて市場にリリースするにあたり神聖な領域のタブーを壊すことになります。(今まで4ドアモデルは絶対に作らないというポリシーがある)ランボルギーニやマセラティなどの他のイタリアのスポーツカーメーカーが既に示している通りの恩恵が受けられることがあるからとみられています。

対するランボルギーニとって、それはSUV市場での成功が、株式上場の可能性をもたらすことになると考えています。しかしながらそれは証券取引所でもフェラーリと対峙することになるのです。
ブルームバーグ のメモによれば、ウルスの販売台数の実績を考慮すれば株式上場は強ちあり得ないことではないと評価しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください