フィレンツェでエルミニの展示会

イタリアでの滞在中にフィレンツェにも訪れた。ご存知フィレンツェはイタリアの京都とも言えるイタリアの古都である。京都同様に全世界から観光客が押し寄せ、ドーモ周辺はラッシュアワー状態だ。ドーモ見物には行列が400メートルの長蛇の列。少なくても1時間以上は並ばなくてはならない。

そんなフィレンツェは予め博物館や美術館は予約しておくことがベストです。時間の節約にもなります。今回はお友達を連れて待たずにすむウフィツィ美術館を官能してきました。

フェラガモ本店の通りには、マセラティ・レヴァンテが駐車する。

そうこう散策している街角をふと目に留まったのは、なんとかつてフィレンツェにあった自動車メーカーのエルミニが展示してあるではないか。。。

こちらは最近復活したという686(セイ・オット・セイ)

アルノ川に沈む夕陽を見ながら、ビステッカ・フィオレンティーナを食す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください