ミッレミリアはユネスコ無形文化遺産の登録を目指す

https://1000miglia.it/enjoy/photo-gallery-1000-miglia-2019/#iLightbox[gallery_image_1]/6

毎年5月にイタリアで開催されるクラシックカーのレースイベント、ミッレミリアは2022年に、ユネスコ無形文化遺産への登録を目指しています。
(無形文化遺産とは 世界各地の芸能、口承文学、社会的な習慣や儀式・祭事、自然に関する知識や慣習、伝統工芸技術などのさまざまな無形の伝統文化遺産。)
Motor1.com

レースを更に洗練した質を高めるイベントにするために、来年は参加車両を30台減らし、400台とすることになりました。

https://1000miglia.it/enjoy/photo-gallery-1000-miglia-2019/#iLightbox[gallery_image_1]/9

ミッレミリアはかつて、エンツォ・フェラーリによって「世界でただ一つの旅する自動車博物館だ。」と定義しました。しかし国際的な知名度を更に上げるには、このクラシックカーのレースイベントをユネスコ無形文化遺産への登録を目指すことになりました。400台とすることにより、より安全で質の高いサービスの提供をすることです。

https://1000miglia.it/enjoy/photo-gallery-1000-miglia-2019/#iLightbox[gallery_image_1]/17

来年のミッレミリアは、100台以上の現代モデルが先行した後に、至宝のクラシックカーが5月13日にブレシアをスタートして、16日にゴールのブレシアに戻ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください