アルファロメオ:スポーツカーが無くなる

アルファロメオは、GTVと6Cの計画をしないと発表しています。また、次期ジュリエッタの計画も無くなりました。

10月31日に、アルファロメオは2022年までの事業計画の変更を発表しました。それによると2018年にアナウンスされた7つの新しいモデルは消滅して、たった4つのモデルとなります。期待のスポーツカー(クーペ)は1台も無いことになります。
1年半の間で7つのモデルの計画から4モデルに縮小されました。計画されていたスポーツカーのGTVと6Cも除外されています。

たった4モデルとはジュリア、ステルビオ、トナーレ、B-SUVとなります。ジュリアとステルビオは2021年にマイナーチェンジされます。この詳細情報は、近日中にアナウンスされます。また同じ2021年にトナーレも発売されます。一回り小さいB-SUVは2022年に登場する予定です。 トナーレはハイブリッドエンジンを搭載する予定で、完全なEVバージョンもあります。
FCAはアルファロメオにプレミアムブランドとして位置つけするようです。しかしモデルのラインナップは少なくなり、投資も少なくなるようです。

計画に次期ジュリエッタがありません。これについてはジュリエッタは来年生産終了を意味しているようです。なによりGTVと6C、2つのスポーツカーが削除されています。
F1も撤退する話もあり、さらにスポーツカーが無くなるアルファロメオ、誰が想像するのでしょうか??

アルファロメオ:スポーツカーが無くなる」への2件のフィードバック

  1. あのアングロサクソンのジープ野郎は何にもわかってないんでしょう。
    ブランドとして終わりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください