ランボルギーニ:2020年、販売台数は増やさない戦略です

理由は、CEOのステファノ・ドメニカリ氏は、「2019年の安定した販売数量を維持することが、ランボルギーニ社にとって一番幸福であります。」と述べています。

2019年に、ランボルギーニ車は8,200台が納入されました。これは1年間では記録的です。2010年から進めてきた積極的な道筋を、今、地固めする時が来ているのです。2020年は、新たな成長指数は予想されていませんが、わずか数100台ぐらいの増進のみとされています。

「我々は、2020年に8,500台を販売目標としていますが、その後は、この割り当てをかなり安定させたいと思っています。」
「年間3%成長しているスーパーカーセグメントですが、ウルスが無制限に成長することは、我々として期待することは出来ません。」
「結論として4番目のモデルをもって1万台とすることになりますが、少なくても2025年までは、登場しないでしょう。」
ドメニカリ氏はこのように述べています。

ウルスはランボルギーニに総販売数の50%を占めています。
ウルスを購入するには、まず最初に9カ月の販売待ちリストに名前を記載する必要があります。
今のところ、ランボルギーニの経営状況は非常にうまくいっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください