マセラティ:新しいマセラティ・スーパースポーツは最初はアルファロメオ6Cだったかもしれない(2)

新しいマセラティのスーパースポーツについて、フォロー中の中に様々なニュースがあります。一つはこんな情報です。

FCAグループの方針は、アルファロメオよりマセラティに重点をおいているとメディアでは報道しています。先日、アナウンスされたマセラティとアルファロメオの事業計画でもそれは明らかです。要するに同じカテゴリーにダブったモデルをラインナップしないことになります。

新しいマセラティのスーパースポーツ(MMXX)の名前は未だ公開されていませんが、エンジンはV6エンジンであるとアナウンスされています。エンジン出力は600馬力です。アルファロメオ・ジュリアとステルビオのクアドリフォリオのエンジン出力は510馬力ですので、それよりはパワーがあることになります。この2つのエンジンは、なんらかの関連性があるのかないのか、知りたいところですが、今のところ判りません。

アルファロメオ6Cになる予定だったこのモデルの6Cとは、6気筒を意味します。

ALFA ROMEO 6C 2500 SS COUPÉ

6Cはアルファロメオだけでなくマセラティにも6Cはありましたが、直列6気筒エンジンを搭載したグランプリカーでした。

Maserati 6C 34

マセラティ新しいスーパースポーツMMXXの名前はマセラティ6Cとなるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください