トゥリーング・スーぺルレッジェーラ、重過ぎるクルマとの闘い(1)

この名前は、イタリアデザインでも最も魅力的な名前の1つです。美しく高性能なモデルを作ることを目指しています。トゥリーング・スーペルレッジェーラは、アーティストとして十分に能力を発揮できるケースの1つです。それはボディに表情を与え、専門性を高め創意工夫を組み合わせた長年にわたるネームバリューです。
トゥリーング・スーぺルレッジェーラ、重過ぎるクルマとの闘い(2)
トゥリーング・スーぺルレッジェーラ、重過ぎるクルマとの闘い(3)
トゥリーング・スーぺルレッジェーラ、重過ぎるクルマとの闘い(4)

しかしながら1960年代後半に不幸なことに、一度終わってしまいます。その後2000年代に、新しい情熱的なオーナーのお蔭で、飛躍的な再出発をします。それは黄金時代の企業スピリットを現在の最高の技術で置き換えようとしています。

二人の創設者
フェリーチェ・ビアンキ・アンデルローニとガエターノ・ポンゾーニは、1920年代に法学部を卒業しましたが、すぐに弁護士のとしてのキャリアに少しも関心を示しませんでした。弁護士のライセンスを取得したばかりでありましたが、そのことについては気にせずに、そしておそらくそれぞれの家族のバラ色の期待より、彼らは会社を起こすことを決めます。1926年に、かの有名なドライバーであったアルベルト・アスカリの父アントニオの兄弟であるヴィットリオ・アスカリによって、設立されたカロッツェリア・ファルコを引き継ぐことになりました。 新生ツーリング社は、当時の他の多くのボディショップと同様に、オーナーから素のフレームを受け取り、顧客のリクエストに応じてそれらをカスタマイズしました。会社はミラノ郊外にあり、アルファロメオやシトロエンのイタリア支店も近くにあり、顧客はそこからの受注が多かったのです。

2人が目指しているトゥーリングの目的は、明確でした。
「重さは敵、空気抵抗は障害」
フレームワークは、スチールパイプで構成されていますが、ボディと一緒に溶接され、その上にアルミニウムまたは他の軽量材料のパネルで作られ、新しいフレームワークに置き換えられます。軽量化のために、アクリル製のガラスや、シートフレームにも新しい素材なども採用しています。

それ故にトゥーリングのモデルに付けられたエンブレムには、必ず「SUPERLEGGERA」の文字が描かれています。

トゥリーング・スーぺルレッジェーラ、重過ぎるクルマとの闘い(1)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください