さよなら…エミリオ・ジレッティ

エミリオ・ジレッティは、かつてマセラティのワークスドライバー(オフィチーネ・アルフィエーリ・マセラティ)として活躍しました。享年90歳でした。

エミリオ・ジレッティの最も輝いた優勝は1953年のミッレ・ミリアで、マセラティA6GCS/53 ファントッツィをドライブして 2000CCクラスにおいて1位になったことです。ペアはかの有名なマセラティでメカニック兼レーシングドライバーであったグエリーノ・ベルトッキでした。また、同年のタルガ・フローリオでも2位に入賞しました。

しかし彼はレーシングドライバーとしてのキャリアはたった5年(1951年~1955年)で終了しています。その後家業を継ぎ経営者として、スポーティな下着やソックスを製造する会社として成長させました。 http://www.giletti.it/index.php

また、彼の息子はイタリアでのテレビ司会者やジャーナリストとして活躍しているマッシモ・ジレッティです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください