マセラティ:新しいフル電動エンジンは100%のマセラティ製です

ついに、路上でのテストを始めました。フル電動エンジンは100%のマセラティ製です。

マセラティが公式に出したティーザービデオで、そのエンジン音を確認できます。

ビデオに登場するエンジンは100%の電動エンジンで、2021年か2022年に登場する予定のグランツーリスモ、グランカブリオとなります。モデルを組み立てするのは、トリノの工場になります。

マセラティは、いわゆる電動スポーツカーは人に近づいても、エンジン爆音が無いために、奇妙な「空虚感」を残す傾向にあると考えています。それ故に、マセラティのエンジニアは、特別な音色で識別できるようにエンジンを設計しているところです。

マセラティは、さらにこう言っています。
「エンジョイするドライブ、快適さ、マセラティらしい独特で比類なきエンジンサウンドを約束します。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください