マセラティ:ギブリ・ハイブリッドバージョンは、2.0L・4気筒エンジンを搭載

北京モーターショーで公開予定の、マセラティ初のハイブリッドエンジンは、2.0Lの4気筒エンジンが搭載されます。

またこのエンジンは、2.0L・直列4気筒ターボエンジンをベースとされ、オルタネーターでの駆動補助を可能にするモーターによるサポートで、最高出力は330馬力を可能にするマイルドハイブリッドシステムになります。
別に追加で出されるハイブリッドバージョンは、電動モーターのみで50kmの走行距離が出来る PHEVモデルになります。おそらくこれらのハイブリッドエンジンは、アルファロメオ・ステルビオやジュリアに搭載されるハイブリッドエンジンに非常に近いものになると考えられます。

2013年
2017年

ギブリ・ハイブリッドは、同時にスタイリングにも小変更が予定されていますが、詳細について現時点は明らかにされていません。

マセラティ初のハイブリッドモデルによって、長い歴史を持つマセラティが転換する時が来ました。

マセラティに4気筒エンジンは、市販されたロードカーには、150GTというスパイダーモデルがあります。レーシングカー1961年製のティーポ63バードケージまで遡ることになります。実に59年ぶりの4気筒マセラティが蘇ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください