フェラーリ:SUVプロサングエの名前が使えなくなる

フェラーリ初のSUVと言われる通称「プロサングエ」の名前が、法的に使えなくなるかもしれません。

これは、既に商標登録しているスポーツ慈善団体の「ASDプロサングエ・アスレチック・クラブ」から著作権の侵害にあたると提訴しています。

「ASDプロサングエ・アスレチック・クラブ」は2013年にアディダスとともに既に名前を使用してきていると説明しています。代表の元プロアスリートのマックス・モンテフォルテ氏は 、最初にチェックすべきだったが、我々自身を守るのは難しいが、我々は仕事とても重要であると述べています。裁判所の判断は3月5日に出されます。この法廷争いは、ダビデとゴリアテの故事に例えられています。弱小な者が強者を倒す寓話(番狂わせ)で、万が一フェラーリが負ける可能性もあります。
その場合、「プロサングエ」の名前はフェラーリは使用できなくなります。フェラーリ初のSUVは名前を変えなければならなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください