マセラティ:トリノ・ミラフィオーリ工場で、第三のマセラティの生産があるのか

ミラフィオーリ工場

この情報は、まだ確実ではありませんが、現在、トリノのミラフィオーリ工場で生産されているマセラティ・レヴァンテの他に、新たに第三のマセラティモデルを生産する計画があるとの情報です。

現在、ミラフィオーリ工場は、マセラティ・レヴァンテとフィアット500eを生産することにより、年間8万台の生産能力を有することになります。

グルリアスコ工場

さらに、州都トリノがあるピエモンテ州の州知事のアルベルト・チリロ氏は、ミラフィオーリ工場を年間生産能力を12万台まで引き上げ、レイオフを無くすと明言しています。そのプラス3万台に充てられるのがマセラティであるということです。

モデナ本社・チーロメノッティ工場

現在、ギブリ・クアトロポルテは、同じトリノのグルリアスコ工場です。また来年登場予定のマセラティ・コンパクトSUVは、ローマの南郊のカッシーノ工場で生産されることが決まっています。

ローマ南郊のカッシーノ工場

また、ご存知5月に登場するミッドシップスーパースポーツはマセラティ地元モデナのチーロメノッティ工場で生産されるのが決まっています。

残りの完全電化されたグランツーリスモ・グランカブリオはトリノで生産されるとアナウンスされていますが、グルリアスコ工場かミラフィオーリ工場か定かでありませんでした。それ故に、次期グランツーリスモ・グランカブリオ は、ミラフィオーリ工場で生産されることが濃厚かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください