マセラティ:レヴァンテに次ぐマセラティ・コンパクトSUVは来年2021年のジュネーブショーでお披露目されるのか(2)

マセラティ・エントリーモデルであるコンパクトSUVの最初の情報が出始めています。

まず、最初にこのコンパクトSUVは、カッシーノ工場で作られる予定です。この工場は、ローマの南郊にあるアルファロメオの工場です。この工場は、ジュリエッタの生産ラインを、新しいマセラティ・コンパクトSUVの製造に向けてラインの変更がなされます。おそらく春の終わりには、変わることになります。

新しいマセラティ・コンパクトSUVは、来年2021年以内には、遅くても市場に登場する予定です。マセラティは、コンパクトSUVといえども、高い利益率を確保したいと考え、価格設定もかなり高めになるようです。現行、ギブリ、レヴァンテのベースモデルよりわずかに低く設定された価格ですが、想定価格は70,000€(約847万円)ぐらいだろうとされています。同じ工場で現在生産されているアルファロメオ・ステルヴィオと2万€(約242万円)の価格差を設けられます。2021年には生産が開始されますが、フル稼働時は1日100台の生産計画があります。
また、エンジンは3月にデビュウするギブリ・ハイブリッドエンジン(4気筒の2.0L、380馬力)も追加で搭載されるようです。

マセラティ:レヴァンテに次ぐマセラティ・コンパクトSUVは来年2021年のジュネーブショーでお披露目されるのか(2)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください