「仕事のために生きた1000のアイデアを持つ男」アッレサンドロ・デトマソの誕生の日

1928年の7月10日、アルゼンチンのブエノスアイレスで生まれたアッレハンドロ・デ・トイマソは今から92年前の出来事です。

1999年〰2004年までの間に、元デトマソSpAのCEOであったマルコ・べルティ氏は、アレッサンドロについて「仕事のために生きた1000のアイデア」を持っていたことを語りました。
ご存知の通りアッレサンドロ・デトマソは70年代から80年代にかけて、労組と常に対論し続け、デトマソSpAをはじめ、マセラティ、モトグッチィ、イノチェンティ、べネッリをグループに掌握した実業家です。

べルティ氏は、アッレサンドロ・デトマソについて「一瞬たりとも止まりません。」語っています。
「会社の将来を横断的見通せる能力があり、それはまさに活火山である。1993年に脳卒中で病に伏しても、常に止まることは無かったのです。」
かつてイタリア首相を務めたロマーノ・プローディ氏によって、70年代にマセラティ社の社長となったアッレサンドロ・デトマソは、マセラティ社の大部分の株を取得している。そして1970年のF1オランダグランプリで事故死したピアス・カレッジのマシンはフランク・ウィリアムズとデトマソのシャーシをコラボレーションした唯一のF1マシンがありました。

革命家のチェ・ゲバラの同級生であったアッレサンドロ・デトマソは、1954年に当時のペロン大統領の制圧からイタリアに国外逃亡しましたが、しかしその後彼はイタリアにおいてレーシングマシン作成に没頭することになります。

かつて、エンツォ・フェラーリはアッレサンドロ・デトマソについて「すべてを打ち負かし、凌駕する男」であると悩ませました。もともとアッレサンドロはレーシングドラーバーとして、マセラティのF1グランプリカーをドライブして4戦に参加しました。オスカやスクーデリア・チェントロ・スッドにも所属しましたが、思うような結果は得られませんでした。

自動車メーカーとしてのデトマソ社の最初に成功したモデルは、1964にデビュウしたヴァレルンガです。このモデルは世界初のミッドシップカーとして世に出ました。続いてマングスタ、パンテーラが生まれました。

最後のプロジェクト
ベルティ氏は常に私たちにアレッサンドロ・デトマソのことの記憶についての値を語ります。
多くの人は彼の個人的な性格について不快に思っていましたが、どのような機会もビジネスに変える方法を理解する彼の先見性は、疑いの余地がありませんでした。私(ベルティ氏)は、その無くなった最後の野心的なプロジェクトを今でも覚えています。それはロシアのワズ社のオフロード車にフィアット・イベコのエンジンを搭載するモデルの生産提携のプロジェクトでした。2002年4月3日に、モスクワで当時のベルルスコーニ首相とプーチン大統領の前で、デトマソの代理として協定に署名しました。モデナで設計された車は、イタリアのカラブリア州クトロで生産されたはずでしたが、とん挫してしまいました。
今、ヴァレルンガやパンテーラかつて生産されたモデナの本社跡地は荒れ果て、実現されなかったデトマソモデルがあることを知っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください