アルファロメオ:FCAとPSA統合による新会社ステランティスのアルファロメオ・ラインナップはどうなる

新会社ステランティスによるアルファロメオのラインナップに、様々な憶測が流れています。

ひとつは、世界第4位の自動車グループになったことにより、さらに強力なアルファロメオのフルラインナップが、実現することが出来る可能性があるのではとされています。今年、創立110年を迎えたアルファロメオでしたが、コロナウイルスによってもたらされた悲惨な成績から、新会社ステランティスの誕生によって、来年は好転する可能性があります。

一つは今年で販売終了するジュリエッタの後継モデルが、来年に発表されるのでないかという情報があります。あるいはステルビオより、より大きなSUVのデビュウについて語る情報も存在します。またアルフェッタの大型セダンやエントリーレベルのミトの後継モデルの噂も絶えませんが、現時点では確実な情報は一つもありません。

しかしながら、コンパクトSUVとしてトナーレは、来年2021年にデビュウすることは確実です。2022年にはそのEVヴァージョンもデビュウする予定です。

さて肝心のスポーツクーペはどうなるのでしょうか。アルフィスティにとって一番重要な課題です。事業計画によれば、GTVと8Cがキャンセルされたのですが、復帰の可能性もまだあるかもしれません。その場合現行ジュリアがベースとなるのが、現実的な見方です。あるいは、数週間前に発表された新型スーパースポーツカーのマセラティMC20の新型V6エンジン「ネットゥーノ」をベースに作られるのではという噂もあります。

これらのことについては、新会社のCEOであるカルロス・タバレス氏が、かつての故セルジオ・マルキオンネ氏が描いたアルファロメオの事業計画をどのように扱いうかにかかっています。それ故に今後数カ月以内に、アルファロメオから何らかのアナウンスがある可能性があります。
引続きアルファロメオをフォローして行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください