マセラティ:2024年に新しいギブリEVか

これは、チーロメノッティのマセラティ工場内に、白いポルシェタイカンが駐車してあり、どうやらマセラティはこのタイカンを研究用の実験車として解析しているようです。

タイカンはポルシェが発売した電気自動車で、初の量産電気自動車です。おそらくマセラティはタイカンの機能を徹底的に分析して、次期ギブリの参考にするのかもしれません。カテゴリー的にもプレステージミドル4ドアセダンの中に、ギブリとタイカンが居ます。
もし次期ギブリが登場するとしたら、完全なるEVカーとして、2024年に登場するのではとの憶測の情報です。マセラティは2023年までのラインナップを先日アナウンスしていますが、2024年以降についての殆ど情報は出てきていませんが、フルモデルチェンジのギブリEVの可能性は無きにしも非ずと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください