マセラティ:次期グランツーリスモのスクープ写真か

このスクープ映像を見て、「なんだ。。。ただのアルファロメオジュリアのマイナーチェンジモデルではないのか」と勘違いしてしまいますが。

しかし、このジュリアをよくよく見るとやけにフロントノーズが長い。。。

さらに、フロントフェンダーの張り出しも、通常のジュリアよりワイドになっています。

リアに回るとナンバープレートには、トライデントのロゴが見えます。

しかし、コックピットは、ジュリアのままです。

このテスト車両がマセラティの次期グランツーリスモである確実な証拠は、フロントガラスに添付されたこのシールに記載されている「M189」です。これは次期グランツーリスモの開発コードナンバーとされています。

このテスト車両の全体のシルエットから推測すると明らかにロングノーズ・ショートデッキのフォルムで、コンセプトアルフィエーリのフィロソフィーは次期グランツーリスモにあるのかもしれません。

スクープされた場所は何処なのか特定できませんが、ショーウィンドウに記載されているイタリア語から、おそらくピエモンテ州かヴァーレダオスタ州のアルプス山麓と推測されます。

次期グランツーリスモは、確実に開発が進んでいることは間違いありません。デビュウは来年2022年を予定されています。

マセラティ:次期グランツーリスモのスクープ写真か」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください