マセラティ:レヴァンテハイブリッドがスタンバイ

昨年8月に公開されたギブリハイブリッドにつづいて、第2弾目となるEV化計画はレヴァンテです。デビュウの日時は明らかにされていませんが、おそらくそんなに遠くないこの春から初夏までにデビュウするはずです。名前はレヴァンテハイブリッドです。

どんなエンジンが搭載されるかは、ギブリハイブリッドにならい同じエンジンを搭載されることになります。つまり4気筒ターボエンジンに電動コンプレッサーを備えた48ボルトシステムのサポートによって、最大330hpのパワーを提供します。しかしレヴァンテはAWDとなることから、若干違うヴァリエーションになるかもしれません。エクステリアも変更が加えられリアには、ギブリハイブリッドで見られたようなブーメランタイプのテールランプが採用されるはずです。

ディーゼルはどうなるのか。おそらくマセラティのEV化政策の観点から、レヴァンテディーゼルはなくなり、ハイブリッドが代替えモデルとなります。価格的にもディーゼルとほぼ同等と予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください