アルファロメオ:復活するのか12C

アルファロメオには数字とCを組み合わせた歴代モデルがある。例えば4C、6C2500ヴィッラデステ、8Cコンペティツィオーネ。どのモデルも頭の数字はエンジンの気筒数を表している。

80年前にあったグランプリカー。V型12気筒エンジンを搭載した12Cを復活させようとしている。このグランプリカーは12Cプロトタイプと呼ばれ、1939年のトリポリグランプリでデビュウしたマシン。

12Cは、F1チーム・アルファロメオレーシングオルレンのザウバーの風洞室で、その復活の準備に取り掛かっている。このプロジェクトはプロジェット・トレンタトレによってオーガナイズされている。

111周年を迎えたアルファロメオは12Cを復活させ、かつてのサーキットを走らせようとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください