ランボルギーニ・ウルスをドライブする先行スクープ

Quattroruoteによれば、イモラサーキットで、至近距離で見るだけでなく、サーキット走行も出来たと述べている。

正式発表は12月4日を予定している。ウルスは古典的なスポーツユーティリティではなく、サンタアガタボロネーゼによれば、真のスーパーSUVとして、サーキットの縁石も軽くいなす程に楽にドライブできるという。性能は、 ハイエンドスポーツよりさらなるスーパーカーである。エンジンはV8ツインターボで650馬力だ。しかし、ウルスは他に2つの同盟する助け無では、世界で最も速いSUVにはなりえないだろう。8速自動変速で駆動するのだ。LM002の後継機種としてウルスは、カイエンやェヴァンテより優位な最高の能力のスポーツユーティリティの性能を目的としている。

我々のビデオを見るだけにとどまらず、どんなドライビングなのか知り、どのような性能をだすか見るには、公式発表の来週まで待つ必要があるのだ。今のところ、我々がテストでは模範的で、偽装されたままだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)