マセラティ:60年の5000GT

サロンの女王
高い要求への対応
コードネームAM103プロジェクト
カロッツェリアによる「ス・ミズ―ラ」
プレミアム・スポーツカー

サロンの女王
今から60年前の1959年のトリノサローネで、ペルシャ国王に5000GTが提示されました。フォトグラファーと映画ニュースの全てのジャーナリストは、まさしく例外的なあるマセラティに「サロンの女王」という洗礼名を直ぐに名付け、写真のフレームに納めました。パーレヴィ国王による特別なリクエストにより、実現したのが5000GT2+2であった。5000GTは34台作られ、うち3台がペルシャ帝国向けであった。マセラティはプレミアムスポーツとオーダーメイド「ス・ミズ―ラ」Su misura (イタリア語で個別による注文という意味です)によるトライデントの偉大な伝統を証明することに祝います。

高い要求への対応
国王パーレヴィとVIPのスポーツカー愛好家たちは、1958年までに3500GTの試乗する機会がありました。しかし、彼らは一貫したパフォーマンスの向上を要求し、当時マセラティのテクニカルディレクターであったエンジニア・ジュリオ・アルフィエーリは、権威ある顧客の要求を満たすために、ゼロからプロジェクトに着手する必要があることを考えました。

コードネームAM103プロジェクト
プロジェクトはコードネームAM103と命名され、単なるカスタマイズではなく、新しいモデルの誕生でした。その心臓部は450Sのエンジンが移植され、V型8気筒エンジンは5リットルにボアアップされていました。こうして、5000GTのボディワークは、カロッツェリア・トゥーリングに委ねられ、初めて実現されました。5000GTは1959年のトリノサローネ発表され、特定の注文主に敬意を表して「ペルシャのシャー」と呼ばれました。スペシャルヴァージョンは3台だけが製作されました。翌年の1960年、ジュネーブモーターショーのブースに出展され、改良されたエンジンを搭載しています。

カロッツェリアによる「ス・ミズ―ラ」
5000GTの特徴は、イタリアの主要なカロッツェリアにより多くのモデルが存在しました。多くのVIPはそれぞれのカロッツェリアに「ス・ミズ―ラ」しています。アガ・ハーン王子はカロッツェリア・フルア、ジョヴァンニ・アニエッリ弁護士はカロッツェリア・ピニンファリーナ、フェルディナンド・インノチェントは、カロッツェリア・ギア、俳優のスチュワート・グレンジャーと アドルフォ・ロペス・マテオス・メキシコ大統領は 、カロッツェリア・アレマーノにそれぞれ依頼して製作されました。

プレミアム・スポーツカー
マセラティは、現在も高品質でありながら、優れたエレガンス、機能性、高い快適性を備えた絶対的な快適さを追求しています。

マセラティ:60年の5000GT」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください