マセラティ:初めて捕らえられたコンパクトSUVか

今まで、コンパクトSUVの情報はありませんでしたが、この写真がレヴァンテに次ぐSUVとされる車両です。

殆ど情報は漏れていませんが、開発はどうやら進んでいるようです。

写真では、フロントグリルとフロントサイドのエアダムに大きなカモフラージュのカバーがされていることから、ステルビオではなくマセラティのコンパクトSUVである可能性が高いとされています。

マセラティのコンパクトSUVは、ギブリ・ハイブリッドや、ギブリ・トロフェオ、クアトロポルテ・トロフェオ、MC20のニュースで押されてしまい情報が出てきませんでした。ライバルはポルシェ・マカンが想定されるこのコンパクトSUVは、アルファロメオのステルビオにカモフラージュされています。おそらくステルビオとサイズ的には同じぐらいとなるようです。

マセラティ・コンパクトSUVの情報は殆ど出てきていませんが、来年にはもう少し明らかなボディが発見されるはずです。この写真はマセラティ工場の周辺で撮影されたものとされていますが、何処の工場かは特定できません。(確かに工場の柵にトラック搬入口の看板が掲げてあります。)

いずれにしても、2022年にデビュウ予定の、マセラティのコンパクトSUVの開発は順調に進んでいるようです。

マセラティ:初めて捕らえられたコンパクトSUVか」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください