ランチア:2024年にEU市場に復帰か

ランチアのCEOルカ・ナポリターノ氏は、2024年には、ヨローッパ市場に向けて、ランチアブランドのモデルの販売を復活させると明言しました。

現在、ランチアのラインナップはイプシロンしかありません。しかもイタリア国内のみという究極の縮小経営となっています。しかしランチアはステランティス傘下に所属した後、イプシロンのマイナーチェンジやマイルドハイブリッドエンジン搭載車の発売、数々のキャンペーンセールによって、今でのイタリア国内ではベストセラーカーの地位を築いています。そして2024年には、イプシロンのフルモデルチェンジを行うことを示唆しています。まずはイタリア国内で、ニューイプシロンは販売され、次にEU圏内に市場を拡大していくと目されています。

さらにユニークな販売取り組みを計画していることも判りました。それはステランティスグループの既存ディーラー店販売網を利用して、ランチアコーナーを設けて販促していくというものです。(詳細は判らず)フィアット、アルファロメオ、アバルト、DS、シトロエン、プジョーなどのお店でもランチアを売っていくことになるかもしれない。同時にインターネットによる販売も強化され、ローリスク・ハイリターンの画期的な販売戦略を構築するようだ。

ニューイプシロンは、グループの他のどのモデルとも被らないように、明確な差別化を考えています。ベースにランチア伝統のエレガンスをコンセプトとしたBセグメントモデルが誕生する予定です。

ランチア:2024年にEU市場に復帰か」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください