マセラティ:2018年は 、マイナス32%に販売減少

マセラティの悪いニュースが出ているとClubAlfaInvestireoggiに掲載されている。2018年は販売台数は、全世界で34.900台にとどまった。2108年の10月~12月までの販売台数は、その前の年に比べ―40%となった悪影響もあり、結局2018年の合計の昨年比は―32%となったという。2017年は合計51.000台を記録している。中国市場を始めとする需要の落込みが影響したようだ。

ただ、今後マセラティは、ハイブリッドエンジンを搭載したギブリ・クアトロポルテ・レヴァンテをラインナップに追加する予定という。また、注目のアルフィエーリも現行グランツーリスモとグランカブリオの代わりとして、控えている。コンパクトSUVは2021年デビューの予定だ。

GENEVA MOTOR SHOW

更に3月に開催されるジュネーヴサロンでは、既にニューヴァージョン(もしかしたらハイブリッドエンジン搭載車)の準備が出来ているのでは、コメントしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です