• ついにセカンドライフが始まるイタリア車好きのブログです。

マセラティ:次期グランツーリスモがモデナに出没か

開発が進んでいる次期グランツーリスモ。 続々とスクープフォトが出てきました。どこら辺なのか特定できませんが、おそらくチーロメノッティのオフィスの周辺であることは、間違いありません。来年にはデビュウすると予想される次期グラ …

続きを読む


マセラティ:なかなか面白かったマセラティ特集(3)

今月はいろいろなメディアでマセラティが取り上げているが、CG NEO CLASSICもその一つ。 焦点に当てられたのは222SEとGhibli Ⅱだ。どちらのモデルも発売から25年以上前のマセラティなので、既にネオクラシ …

続きを読む


アルファロメオ :ステルヴィオとジュリアに限定モデル6Cヴィッラ・デステを発表

6C200SSクーペは、ご存知111年のアルファロメオ の歴史の中で、右に並ぶことが出来ない唯一の栄光のモデルで、その名誉あるネーミングの6Cを冠した限定モデルが、ステルヴィオ・6Cヴィッラ・デステだ。 ステルヴィオ・6 …

続きを読む


ランチア:イプシロンのその後は元気(3)

2か月に前に狭い道ですれ違いざまに、対向車と擦ってしまったイプシロン。 お陰で右ヘッドライト、右フェンダー、右ドアを軽傷した。右ドアが開かずにどの位の修理費用になるのか?やっとこさ戻ってきたイプシロンの修理代は50万円だ …

続きを読む


ジリ貧が続くアルファロメオ

イタリア国内の8月の販売成績が公開されています。アルファロメオは、昨年比べて、販売台数が65%近くダウンしています。 フィアットも昨年比で24%のダウン。ランチアはロングセラーのイプシロンがモデル末期とは言え、何とか持ち …

続きを読む


マセラティ:なかなか面白かったマセラティ特集(2)

なるほど!多様なマセラティのメンテナンスがあることに、感謝! Ruote Leggendarie RTRE横浜 イデオートサービス

続きを読む


マセラティ:次世代グランツーリスモは来年の半ばに登場か

開発中の次世代グランツーリスモは、最終段階のところまで来ているようだ。 エンジンは、MC20と同じV6のネットゥーノと呼ばれるチーロメノッティ工場で作られる自社製エンジンと、3つの電気モーターで駆動され700馬力は発揮す …

続きを読む


マセラティ:ギブリ・ディーゼルの近況報告(4)

久々のギブリ・ディーゼルの報告です。前回の問題点であったMTCモニタの突然真っ暗事件は、その後ピタッと症状が出なくなりました。しかしながら、いつまた再発するかは判りません。兎に角、猛暑の中でのエアコン不能だけは避けたいと …

続きを読む


マセラティ:SUVグレカーレのインテリアか

マセラティのレヴァンテの下に位置する第二のSUVグレカーレの姿が目撃されています。 グレカーレはD-SUVとして開発が進んでいるモデルで、アルファロメオのステルビオと共有のプラットフォームから構築される新しいSUVです。 …

続きを読む


マセラティ:サーキットを走る次期グランツーリスモか

イタリアの何処のサーキットコースは判りませんが、次期グランツーリスモと思われるテスト車両がスクープされました。 フロント周りは先代グランツーリスモより抑揚のあるラインが見られます。フロントボンネットの前方には2つのエアダ …

続きを読む


ランチア:市場はイタリア国内にとどまらず

現在、ランチアはイプシロンをイタリア国内のみの販売ですが、数年先を見据えて再びランチアモデルの海外展開があるかもしれません。 それは、ランチアCEOのルカ・ナポリターノ氏の意向は、イプシロンの他にニューモデルを追加する意 …

続きを読む


マセラティ:新SUVグレカーレなのか

公道でのテストが順調に進んでいるようです。 この画像は、マセラティの新しいSUVグレカーレと思われるカモフラージュされたSUVが、アウトストラーダを走っています。映像を見た限りでは場所は特定できません。 走行車線を走って …

続きを読む


マセラティ:MY22のラインナップが公開される

マセラティは早くも来年のラインナップを公開しました。 2022年モデルは、各モデルにGTとモデナとトロフェオの名前が付加されています。ギブリの場合、ベースモデルからGTハイブリッド(L4、330cv)、モデナ(V6、35 …

続きを読む


ランチア:3つのニューモデルは2027年に登場か

ランチアは、現行イプシロンのフルモデルチェンジを含めて2027年までに3つのニューモデルの計画があるようです。 最初に新しいイプシロンは2024年までに登場が予定され、エンジンはおそらくEVヴァージョンであることは間違い …

続きを読む


マセラティ:遂に姿を見せた次期グランツーリスモ

つい先日にアルファロメオジュリアのボディを装ったグランツーリスモが発見されていましたが、今度はボディにGRNTURISMOと書かれたベールを纏った、プロトタイプと思しきグランツーリスモがモデナの郊外に出没しました。 同時 …

続きを読む


マセラティ:横浜のR TRE&カンパーナ

これはマセラティオーナーにとって、朗報かもしれません。 筆者のスパイダー90anniとギブリディーゼルがお世話になっている横浜のR TRE YOKOHAMA BASEが、イタリア・モデナのカンパーナ・オノーリオ社と取引業 …

続きを読む


マセラティ:MC20にエアロキットが早くも登場

マセラティのミッドシップスーパースポーツMC20に早くもカスタムエアロパーツが登場しました。 これは、ニューヨークにある7 Designsが開発したもので45セットだけ販売されるカーボン製のエアロパーツキットです。 MC …

続きを読む


マセラティ:タバレスCEOとエルカン会長がモデナ工場を視察

スーパースポーツカーMC20の生産工場を見学するために、新会社ステランティスCEOのカルロス・タバレス氏とジョン・エルカン会長が、モデナのチーロメノッティの工場を訪問しました。工場ではマセラティCEOダヴィデ・グラッソ  …

続きを読む


復活するのかアバルト1000SP

アバルト1000SPは、1966年に誕生したオープン2シーターのスポーツカーが、55年を経た現代に蘇ろうとしています。 アバルト1000SPは、かつて60年代に活躍したミッドシップにレイアウトしたバルケッタ仕様のレーシン …

続きを読む


マセラティ:MC20の路上デビュウは、もう直ぐです。そしてサーキットでも

ライバルのスポーツカーに比べ気筒数が少ないエンジンですが、それでもアクセルを踏めばパワーは、ライバルと引けを取りません。想定するライバルはフェラーリF8トリブート、マクラーレンGT、ランボルギーニ・ウラカン、アウディR8 …

続きを読む